3月30日 磯の生物観察会に行ってきました

P40100553月30日の日曜日に志賀島に磯の生物観察会に行ってきました。前日からの雨で天候が危ぶまれていたけど、何とか雨も上がり観察会ができました。

子ども達は、春の大潮で広がった磯の様子におおはしゃぎしていました。

 

「干満の差はなぜ起こる?」という問いに3年生のO君が一番に「月の引力です。」と答えていました。さすがにO君良く知っています。付け足せば、春の大潮は普通の大潮と違って、太陽と地球の自転の方向と月とが一直線になるので、普通の大潮よりも干満の差が大きくなるようです。秋も良く引くのですが、時間帯が夜中になるため目につかないわけです。

ほかにも、普段海の中にいるイソギンチャクや、貝類を実際に観察したり、触ったり、見たこともない環境に子どもたちは興味深々でした。

P4010062
磯をあちこち観察する子どもたち

P4010053
何か面白いものを見つけたようです。

磯の生物や、海草、貝を採取して観察会は終わりました。

次回は、4月27日に酸素、水素に関する実験を行う予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月30日 磯の生物観察会に行ってきました」への2件のフィードバック

  1. lorenabrooks2.page.tl

    I have been browsing on-line greater than three hours lately, but I never found any fascinating article like yours.
    It’s pretty price enough for me. In my view, if all website
    owners and bloggers made good content as you probably did, the web
    can be much more helpful than ever before.

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です